交通事故の後遺障害等級

交通事故で後遺障害が残ってしまった場合に適切な後遺障害等級認定を獲得する手順は以下の通りです。後遺障害の申請と適切な等級認定は弁護士との被害者請求をするのが効果的です。この被害者請求は、後遺障害の認定がされやすいというのが大きな特徴です。

後遺障害診断書交通事故の後遺症は、頭部外傷や外傷性くも膜下出血とひどいケガは等級が1級です。後遺症認定を申請する手続きと手順ですが、症状固定の決定準備です。医師に後遺障害診断書を用意してもらいます。後遺障害診断書を保険会社に提出してから書類は保険会社から損害保険料率算出機構に添付です。後遺症の調査がされ、結果は保険会社に通知がされます。保険会社から被害者へ認定結果が通知されます。そして交通事故の損害賠償金の受け取りです。保険会社に質問があれば、異議申し立てをすることができるようになっています。

交通事故のエキスパートの弁護士なら、具体的に交通事故の相談をすることができるようになっています。事務所への電話は通話料無料で面談相談、着手金が必要ない弁護士も相談することができるようになっています。無料相談の弁護士も多いので交通事故で後遺症の相談ならぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

参照・・・交通事故後遺障害の等級認定について